Blog


大宮 Bar彩月庵~Barの彩時記~

[Bar彩月庵の作り方1]物件探し (水, 03 4月 2024)
[Bar彩月庵の作り方1]物件探し いつもお世話になっております Bar彩月庵です 旧Bar彩月庵では大変お世話になりました 現在移転開業に向けて色々と動いています これから時系列は遡りますが新Bar彩月庵が出来るまでをご紹介していければと思っております なんとか開店までに追いつきたいと思います それでは ・・・・・・ 10月末より物件探し 当初予定していた場所は昨今の物価高、地価の上昇により断念・・・ Bar彩月庵もそうですが今大宮は物件不足 Bar彩月庵が入っていた野原ビル同様に再開発のためにビルの解体が進んでいます そうすると入っていたテナントは物件探し もちろん解体するために物件の数は減っていきます 結果的になかなか見つからないですね 色々な不動産屋さん、お客様にも相談しました 「テナント募集」の看板を見つけては不動産屋さんに確認してもらったり、ネットで見つけては不動産屋さんに確認してもらったりと動いていました 大宮以外にも浦和、北浦和、都内なども探しましたがなかなか見つからず そんな中、お客様からのご紹介もあり2023年末物件が見つかりました! 新彩月庵は無事に大宮東口で開店することができます みなさんの支えがあって物件が見つかりました ありがたい 新店舗の場所は さいたま市大宮区仲町2−24−4 仲町F1ビル301です 皆様よろしくお願い致します! それでは今晩も良いお酒を Bar彩月庵は4月下旬に再開予定です
>> 続きを読む

Bar彩月庵ラストデイ (Sat, 23 Mar 2024)
いよいよBar彩月庵は本日3/23で今の場所での最終営業となります 今日は少し早めに16:00からの営業となります ぜひ最後にお立ちいただければと思います Bar彩月庵 峰澤悠介 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558
>> 続きを読む

[ウイスキーの作り方94]ウイスキーの分類22 (Wed, 20 Mar 2024)
[ウイスキーの作り方94]ウイスキーの分類22 いつも読んでいただきありがとうございます #Bar彩月庵 です ぜひ、いいね!フォローをお願いします 今までの「ウイスキーの作り方については過去の記事をご覧くださいね 今日で昨年7月からはじめた「ウイスキーの作り方シリーズ」も完結です 無事に間に合いました 今日ご紹介するのは五大ウイスキー以外の産地について 五大ウイスキーとは昔から品質の良いウイスキーを作り続けている5つの国です 今までご紹介してきた ・スコットランド ・アイルランド ・アメリカ ・カナダ ・日本 です 1980年代ごろから作られはじめてきました まだまだ日本には入ってきていない産地もありますので今後が楽しみな分野でもあります まずご紹介するのは五大ウイスキー以外で最も有名な産地台湾 カバランが有名ですね 品質が高く様々な受賞歴もあります ・台湾 カバランが成功したことにより暖かいところでも美味しいウイスキーができるのだと分かり日本でも鹿児島など温暖な気候の場所でウイスキーが作られてきました 近年台湾のウイスキーも法整備されてきたのでこれからさらに良いものが出てくると思います 生産量も多く今後日本でももっと広がっていきますね ・インド(インディアンウイスキー) 世界有数のウイスキーの産地となっています 国内消費が多いのですが一部日本にも入ってきていますね 世界のウイスキー売り上げ本数ランキングを見てみても多くのウイスキーがランクインされています 正直見たことも聞いたこともないウイスキーがたくさん並んでいますが、大半はインディアンウイスキーだったりもします さすがは14億人を抱える国ですね ・フランス(フレンチウイスキー) 元々フランス人はウイスキーを多く飲んでいました フィロキセラ虫害でブランデーが作れなくなった時に代わりに飲んでいたのがウイスキーです フランスのウイスキーはブランデーを思わせる上品な味わいのウイスキーが作られています ・その他 他にもイングランドやスウェーデン、ブラジル、オーストラリア、ドイツなど世界各国で作られています これからが楽しみなウイスキー業界 ぜひみなさんと味わっていければと思います 新しいウイスキー、新しいBar彩月庵をぜひお楽しみくださいね これで約8ヶ月続いたシリーズも完結 94回にも渡るとは思っていなかったですね 次回から不定期にはなりますが新しいシリーズを始めたいと思っていますのでぜひお楽しみください それでは今晩も良いお酒を 今日も18:00より和服姿でお待ちしております Bar彩月庵 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558 〈営業時間〉18:00〜26:00 (25:00時点でノーゲストの場合は早仕舞いの事もあります) 日曜日定休(連休の時は最終日)
>> 続きを読む

[ウイスキーの作り方93]ウイスキーの分類21 日本のウイスキー (Mon, 18 Mar 2024)
[ウイスキーの作り方93]ウイスキーの分類21 いつも読んでいただきありがとうございます #Bar彩月庵 です ぜひ、いいね!フォローをお願いします 今までの「ウイスキーの作り方については過去の記事をご覧くださいね 今日は日本のウイスキーのお話です ご存知の通り今色々なところに新しい蒸溜所ができており確認するだけでも大変な状況です 元々焼酎や日本酒を作っているメーカーが既存の設備を使ってウイスキーを作りはじめているところも多くあります ウイスキー文化研究所が出している日本蒸溜所年鑑2024を見てみると準備中を含めて114もの蒸溜所があります これはスコットランドの蒸溜所の数とほぼ同じですね 日本のウイスキーはスコットランドからの流れを汲んでいます ですのでウイスキーの分類もスコッチウイスキーと同じように モルトウイスキー グレーンウイスキー ブレンデッドウイスキー に分けられます ですが、日本のウイスキーの法律はかなり緩くなっています 蒸留した場所も日本に限らなくていいですし、熟成期間も決まりがありません そこで最近ではウイスキー業界の中で「ジャパニーズウイスキー」とラベルに書くにはスコッチウイスキーと同じようなルールにしようという動きになってきました ですので今後「ジャパニーズウイスキー」と「日本のウイスキー」と二つに分かれていくと思います もちろん同じ会社内でも2つのラインのウイスキーがラインナップしていきます サントリーで例えるなら 山崎、白州、知多、響などはジャパニーズウイスキー AOや角などは日本のウイスキーという形になると思います 最近では海外原酒を使ったものを「ワールドブレンデッド」と呼ぶことも増えましたね 法律が緩いことで色々なタイプのウイスキーができるのは面白いことだとも思います 吉田電材蒸溜所が新潟にできましたが、ここは日本で「バーボンウイスキー」を作るという掛け声のもとバーボンウイスキーと同じような作り方をしてグレーンウイスキーを作ったり、バーボンとは違うトウモロコシ以外の様々な穀物を使ってウイスキーを作ってみたりしています 他にも元々泡盛を作っている会社がウイスキーを作りはじめ、泡盛で使われる餅米をメインにウイスキーを作りライスウイスキーとしてボトリングされたりしています ニッカウヰスキーではモルト100%を連続式蒸留機で蒸留したウイスキーも販売されていました これから伝統的なウイスキーだけでなく日本オリジナルの製法で作られたウイスキーが世界へと広がっていくと思います 昔ながらのところから新しいところへ Bar彩月庵も同じように伝統的なカクテルやウイスキーを出しながら、新しいスタイルを広げていきたいと思います それでは今晩も良いお酒を 今日も18:00より和服姿でお待ちしております いよいよ今週土曜日が現在地での営業最終日です Bar彩月庵 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558 日曜日定休(連休の時は最終日) 〈営業時間〉18:00〜26:00 (25:00時点でノーゲストの場合は早仕舞いの事もあります)
>> 続きを読む

[ウイスキーの作り方92]ウイスキーの分類20 アイリッシュウイスキー (Sun, 17 Mar 2024)
[ウイスキーの作り方92]ウイスキーの分類20 いつも読んでいただきありがとうございます #Bar彩月庵 です ぜひ、いいね!フォローをお願いします 今までの「ウイスキーの作り方については過去の記事をご覧くださいね 今日はアイルランドのウイスキーアイリッシュウイスキーについてのお話 現在作っているウイスキー産地で最も歴史が古いと言われているのがアイルランドです アイルランドからスコットランドにウイスキー作りが渡ったり アイルランドからアメリカに渡ったりとウイスキー作りの原点のような場所になります アイルランドで作られているウイスキーはスコットランドよりも飲みやすいウイスキーが多いです これはピートを炊き込んでいないモルトを使って3回蒸留を行っているのがその要因です アイリッシュウイスキーもスコッチウイスキーと同じようなルールが色々とあります 代表的なのはアイルランド国内)(北アイルランドを含む)で、蒸留、熟成をすること、木の樽で3年以上熟成しなければならないというのがあります アイリッシュウイスキーの中にも色々と種類があります ・ピュアポットスティルウイスキー ・モルトウイスキー ・グレーンウイスキー ・ブレンデッドウイスキー の4種類です モルトウイスキー、グレーンウイスキー、ブレンデッドウイスキーはほとんどスコッチウイスキーと同じです アイルランド独自のウイスキーとしては「ピュアポットスティルウイスキー」です モルトウイスキーと同じように単式蒸留器で蒸留します 蒸留回数は3回 他のウイスキーと違うのは原材料です 大麦麦芽(モルト)の他に大麦、ライ麦、小麦などの他の麦も使います ここがアイリッシュウイスキー独自の味わいを生み出しています アメリカの禁酒法以降蒸溜所の数はどんどん減っていっときは3つの蒸溜所に集約されていました ・ミドルトン蒸溜所 ・ブッシュミルズ蒸溜所 ・クーリー蒸溜所 ですが、近年は日本と同じようにどんどん蒸溜所の数が増えています キルベガン蒸溜所をはじめバスカーを作っているロイヤルオーク蒸溜所など色々と増えています これからが楽しみな産地ですね それでは今晩も良いお酒を 本日は定休日となっております また明日からお願いします Bar彩月庵 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558 〈営業時間〉18:00〜26:00 (25:00時点でノーゲストの場合は早仕舞いの事もあります) 日曜日定休(連休の時は最終日)
>> 続きを読む

[ウイスキーの作り方91]ウイスキーの分類19 カナディアンウイスキー (Fri, 15 Mar 2024)
[ウイスキーの作り方91]ウイスキーの分類19 いつも読んでいただきありがとうございます #Bar彩月庵 です ぜひ、いいね!フォローをお願いします 今までの「ウイスキーの作り方については過去の記事をご覧くださいね 今日は昨日お話に出たカナディアンウイスキーについてのお話 カナディアンウイスキーはアメリカの禁酒法時代に大きく成長したウイスキー市場です カナディアンウイスキーで1番有名な銘柄といえば「カナディアンクラブ」 何年もの間かナディアンウイスキーNo. 1の売り上げを上げています このウイスキーも禁酒法時に売り上げを上げていました アメリカに近いので国境を地下通路で通して密輸していた話は有名です 禁酒法時代には粗悪なウイスキーも多かったですが、その後法整備がしっかりとされ品質の高いものが販売されるようになりました ウイスキー作りには熟成が必要なので長い時間がかかります ですのでアメリカ国内では禁酒法が終わったからといってすぐに美味しいウイスキーはできません そこで昔からウイスキーを作り続けているカナダのウイスキーがアメリカ市場に多く出回り5大ウイスキーの一角となりました カナディアンウイスキーは「ベースウイスキー」と呼ばれる軽い風味のウイスキーと、味わいがしっかりとした「フレーバリングウイスキー」と呼ばれるウイスキーを混ぜて作る事が多いです ベースウイスキーはトウモロコシ主体の原料を連続式蒸留機で蒸留し、樽で3年以上熟成させたウイスキーです フレーバードウイスキーはライ麦主体の原材料を連続式か単式の蒸留機で蒸留して樽で3年以上熟成させたウイスキーになります ブレンド後の原料比率でライ麦が51%以上ならライウイスキーと表記されます 変わったところではフレーバーとして香味液(ワインやブランデーなど)を加えるのも認められています ここが他のウイスキーとは違うところですね ただ実際に加えているかナディアンウイスキーは少ないようですが 他にもちょっと変わったかナディアンウイスキーもあります 世界初と呼ばれる「ホワイトウイスキー」 無色透明のウイスキーです 1930年代に販売されたのが最初ですが、このウイスキーは蒸留したてで無色透明といったわけではなくちゃんと樽で熟成されています 樽熟成をした後に活性炭で濾過をして無色透明にしています カクテルにも使いやすいと思うので日本でも流通して欲しいですがなかなか見かけないですね 1991年からはカナダでもスコッチウイスキーと同じように作ったシングルモルトウイスキーも出てきました これから色々と広がりを見せるかナディアンウイスキーに期待ですね 軽い風味がのウイスキーが多いのでハイボールなどにもピッタリです もっと日本でも飲まれていいと思うのですがいかがですかね? それでは今晩も良いお酒を 今日も18:00より和服姿でお待ちしております Bar彩月庵 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558 日曜日定休(連休の時は最終日) 〈営業時間〉18:00〜26:00 (25:00時点でノーゲストの場合は早仕舞いの事もあります)
>> 続きを読む

[ウイスキーの作り方90]アメリカンブレンデッドウイスキー (Tue, 12 Mar 2024)
[ウイスキーの作り方90]ウイスキーの分類18 いつも読んでいただきありがとうございます #Bar彩月庵 です ぜひ、いいね!フォローをお願いします 今までの「ウイスキーの作り方については過去の記事をご覧くださいね アメリカンウイスキーの話の4回目 今日はブレンデッドアメリカンウイスキーのお話しです アメリカンブレンデッドウイスキーで最も有名な銘柄は「シーグラムセブンクラウン」 正直あまり馴染みのないアメリカンブレンデッドウイスキーですが、アメリカの禁酒法時代が終わった頃はにアメリアで最も飲まれていたアメリカのウイスキーでした 意外なことにアメリカンブレンデッドウイスキーが誕生したのはアメリカではなくカナダの会社が生み出したと言われています アメリカの禁酒法時代(1920〜1933年)に勢力を一気に伸ばしたシーグラム社が作りました 禁酒法時代はアメリカでお酒の製造や販売、輸入、輸出が禁止されていました 飲むのは禁止されていなかったので施行される前は大量に買い込んだそうです お酒が作る事ができないですが、蒸留した後のウイスキーはあります そこでシーグラム社はそのお酒をカナダに運び熟成を行いました そして禁酒法が終わった後の1934年に他のスピリッツと合わせて販売したのが「シーグラムセブンクラウン」です 10数種のブレンドを試しその7番目が良かったのでセブンの名前をつけました そして王者になることを願い「クラウン」を付け「セブンクラウン」という名前になりました 一説にはこのシーグラムセブンクラウンが初のブレンデッドアメリカンウイスキーとも言われています そしてこのシーグラムセブンクラウンは名前の通りアメリカンブレンデッドウイスキーとして発売以来今まで王者として存在室つけています スムーズで飲みやすい口当たりのウイスキーに仕上がっています ぜひお楽しみくださいね それでは今晩も良いお酒を 今日も18:00より和服姿でお待ちしております Bar彩月庵 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558 〈営業時間〉18:00〜26:00 (25:00時点でノーゲストの場合は早仕舞いの事もあります) 日曜日定休(連休の時は最終日)
>> 続きを読む

[ウイスキーの作り方87]ウイスキーの分類15 アメリカンウイスキー (Wed, 06 Mar 2024)
[ウイスキーの作り方87]ウイスキーの分類15 いつも読んでいただきありがとうございます #Bar彩月庵 です ぜひ、いいね!フォローをお願いします 今までの「ウイスキーの作り方については過去の記事をご覧くださいね 今日はアメリカンウイスキーのお話です アメリカンウイスキーで有名なジャンルとしては「バーボン」がし有力ですね よく「バーボンってウイスキー?」と聞かれる事がありますがもちろんウイスキーの一つです アメリカのウイスキーは製法によって3つに分けられます ・ストレートウイスキー ・ブレンデッドストレートウイスキー ・ブレンデッドウイスキー の三つです 他にもライトウイスキーなどがありますが日本ではほとんど飲まれていないですね ●ストレートウイスキー ストレートウイスキーの中にバーボンウイスキーが入っています 51%以上同じ原材料(トウモロコシ、ライ麦、小麦、大麦麦芽など)を使い連続式蒸留機でアルコール度数80%以上で蒸留、ない武を焦がしたホワイトオークの新樽で2年以上熟成させたウイスキーです ストレートウイスキーについてはまた詳しく書きますね ●ブレンデッドストレートウイスキー ストレートウイスキー同士をブレンドしたウイスキーです ●ブレンデッドウイスキー ストレートウイスキー20%以上(100プルーフ換算)にスピリッツや他のウイスキーなどをブレンドしたウイスキーです 他の国のウイスキーと区別するためにアメリカンブレンデッドウイスキーとも呼ばれます ブレンデッドウイスキーの元祖はシーグラムセブンクラウンでライトで飲みやすいウイスキーになっています 昔は作りやすかったのでブレンデッドウイスキーが多く製造されていました 色々とありますのでぜひお楽しみください それでは今晩も良いお酒を 今日も18:00より和服姿でお待ちしております Bar彩月庵 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558 〈営業時間〉18:00〜26:00 (25:00時点でノーゲストの場合は早仕舞いの事もあります) 日曜日定休(連休の時は最終日)
>> 続きを読む

[ウイスキーの作り方86]ウイスキーの分類14 ブレンデッドスコッチウイスキー (Tue, 05 Mar 2024)
[ウイスキーの作り方86]ウイスキーの分類14 いつも読んでいただきありがとうございます #Bar彩月庵 です ぜひ、いいね!フォローをお願いします 今までの「ウイスキーの作り方については過去の記事をご覧くださいね 今日はブレデッドスコッチウイスキーのお話です バランタイン、シーバスリガル、オールドパーなど色々な有名銘柄があります ブレンデッドウイスキーはモルトウイスキーとグレンウイスキーを合わせたウイスキーのことです 元々はモルトウイスキー、グレーンウイスキーは別々に飲んでいました モルトウイスキーは個性的なウイスキーが多いです 昔はスコットランド人はこのクセを好みましたが、海外ではこのクセが受け入れられず不人気でスコットランドの地酒という立ち位置でした グレーンウイスキーは飲みやすいのですがすっきりとし過ぎていて人気がありませんでした この頃はアイリッシュウイスキーが人気でした そこで考えられたのがモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜる方法です ですが、熟成庫内で混ぜることは法的に認められていませんでした 時が進み1860年に法改正が行われ可能になりました 改正後すぐにアンドリューアッシャーという人が世界初のブレンデッドスコッチウイスキーを販売しました その後すぐにバランタインが発売されその後様々なブレンデッドウイスキーが登場していきます このブレンデッドウイスキーが世界的に人気になりスコットランドの地酒だったスコッチウイスキーが世界の蒸留酒となっていきます 今でもモルトウイスキーよりもブレンデッドウイスキーの方がはるかに多く売れています 少し前の数字ですがシングルモルトとブレンデッドウイスキーの割合は2:8くらいの比率になっているそうです 近年売れ筋のブレンデッドウイスキーの生産量を多くするため原材料になるシングルモルトの販売をやめてブレンデッドウイスキーにまわすことが増えてきています ジョニーウォーカーの原酒カードュやシーバスリーガルの原酒ストラスアイラのオフィシャルボトルがなくなってしまったのも記憶に新しいですね バーに来る方だと個性がはっきりしているシングルモルトが好きな方が多いですね たまにお客様に 「シングルモルトとブレンデッドウイスキーどっちが良いの?」 と聞かれる事があります 昔先輩バーテンダーに言われたのは 「音楽で言うならシングルモルトはソロ演奏 ブレンデッドウイスキーはオーケストラ」 どちらが良い悪いじゃなくそれぞれ良いところがあるよね と言う話になりました ぜひ色々なウイスキーを楽しんでくださいね これでスコッチウイスキーの分類は完結です 次回からはアメリカンウイスキーの話です それでは今晩も良いお酒を 今日も18:00より和服姿でお待ちしております Bar彩月庵 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558 〈営業時間〉18:00〜26:00 (25:00時点でノーゲストの場合は早仕舞いの事もあります) 日曜日定休(連休の時は最終日)
>> 続きを読む

[ウイスキーの作り方85]ウイスキーの分類13 (Mon, 04 Mar 2024)
[ウイスキーの作り方85]ウイスキーの分類13 いつも読んでいただきありがとうございます #Bar彩月庵 です ぜひ、いいね!フォローをお願いします 今までの「ウイスキーの作り方については過去の記事をご覧くださいね 今日はスコットランドのグレーンウイスキーについてのお話 グレーンウイスキーは柔らかく飲みやすいのが特徴のウイスキー 逆にいうと個性が少ないウイスキーでもあります そこから静かなウイスキーということで「サイレントスピリッツ」と呼ばれたりもします 逆にモルトウイスキーは個性がうるさいということで「ラウドスピリッツ」とよ栄えたりもします 前にお書きましたがスコッチウイスキーは重税との戦いでもありました そのままウイスキーを作ると重税がかけられるので原材料を抑えるためにモルト以外を使うようになりました トウモロコシが多いですがライ麦や大麦、小麦などを使って作っています モルトは大麦を発芽させたり乾燥させたりするので原価がかかってしまします その点他の穀物を使えばその手間がかからないので結果的に原価が抑えられます そして1826年にスコットランド人のロバートスタインによって連続式蒸留機が発明され、1831年にアイルランドの元収税官のイーニアスコフィが改良して実用化されました これが現在の連続式蒸留機の原型になっています ちなみにニッカのカフェグレーンはこのコフィスチルが使われています スコットランドのグレーン蒸溜所はこの蒸留機に目をつけより安価で効率的にそしてよりクリーンなウイスキーが作られるようになりました 以前は沢山のグレーンウイスキーの蒸溜所がありましたが統合が繰り返されて現在は ・キャメロンブリッジ ・ストラスクライド ・ガーヴァン ・ノースブリティッシュ ・インバーゴードン ・ロッホローモンド ・スターロー の7ヶ所になっています シングルグレーンというのはなかなか出回らないですが、それぞれに違いがあり長熟のグレーンウイスキーはモルトウイスキーとは違った美味しさがあります ぜひお楽しみくださいね それでは今晩も良いお酒を 今日も18:00より和服姿でお待ちしております Bar彩月庵 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-25-2 野原ビル3階 Tel 048-782-8558 〈営業時間〉18:00〜26:00 (25:00時点でノーゲストの場合は早仕舞いの事もあります) 日曜日定休(連休の時は最終日)
>> 続きを読む